登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/12/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

過密日程もチームに死角なし

今シーズンは快調に飛ばしているとは言いがたいユナイテッドだが、アシスタントコーチのミック・フェランは、厳しい戦いが続くことになるこの時期こそ、戦い方を知り尽くしたチームが一丸となって本領を発揮する絶好の機会だとしている。

クリスマスを挟んで過密日程が続くが、重要となるのは次試合までにいかに体力を回復させ、準備を整えるかということだ。

「我々は何度もこのような厳しい日程を乗り越えてきている。これまでの経験から戦い方は十分に分かっているよ」とフェランはManUtd.comに語った。「バランスの保ち方も大切な要素だ。選手の状態が良くて準備がしっかり整ってさえいれば、これまで通りに戦えばいい」

「練習日に加えて回復のための時間、そして休養日も捻出できれば理想的だが、なにしろ日程が詰まっている。この時期は特に体力を回復させることが最優先事項となる。選手たちの疲れを十分に取り除き、けがを回避しなければならないからね」

「3日と空けず次の試合を戦うのは確かに厳しいが、我々はどんな状況にも対応できるだけの戦力を持ち合わせている」

厳しい日程に挑む際には経験がモノを言う。ユナイテッドの若手選手たちもそんな状況を乗り越える術を身につける必要があるが、幸い彼らはライアン・ギグス、ポール・スコールズ、ガリー・ネヴィル、そしてエドウィン・ファン・デル・

ページ 1 / 2 次へ »