登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チェルシーにしてみれば、勝利を逃していた時期に試合が延期になったことは幸運だったという見方もできる。しかし試合日がいつであろうと我々には関係ない。勝利して然るべきチームとして自信を持って戦うまでだ」

― アレックス・ファーガソン監督

25/12/2010  Report by Steve Bartram

延期のチェルシー戦の仮日程が決定

悪天候のため延期になったチェルシーとのアウェーゲームが、3月1日に行われることが暫定的に決まった。

19日に行われる予定だった昨シーズンの覇者チェルシーとの試合は、大雪のため延期となっていた。

仮日程として3月1日に試合日が設定されたが、FAカップ5回戦でいずれかのチームが再試合を行うことになれば、再び延期となる。また両チーム共に3回戦あるいは4回戦で敗退となった場合は、日程を前倒しする可能性もある。

しかし3月1日にスタンフォード・ブリッジで戦うことになると、2月23日のチャンピオンズリーグのマルセイユ戦、同26日のウィガン戦、3月5日のリヴァプール戦と、アウェーゲームが続く時期に重なることになる。

アレックス・ファーガソン監督は、19日の試合が延期となったことは、低調を続けていたチェルシーの方に有利に働いたはずだと認めながらも、ユナイテッドはスタンフォード・ブリッジで続いている未勝利の記録を止める自信があると語った。

「チェルシーにしてみれば、勝利を逃していた時期に試合が延期になったことは幸運だったという見方もできる」と監督はサンダーランド戦を前に臨んだ会見で述べた。「しかし試合日がいつであろうと我々には関係のないことだ。勝利して然るべきチームとして自信を持って戦うまでだ」

【注目記事】
監督「勝負は年明けから」
サンダーランド戦プレビュー