登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/12/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

サッカー界にクリスマス休暇なし

イングランドのサッカー界には、世間と少し異なるところがある。それはクリスマスも関係なく動いているということだ。

町がクリスマスムード一色となる中、26日にオールド・トラッフォードでサンダーランドを迎え撃つユナイテッドは調整を続けている。しかし選手たちにはさほど不都合はないようだ。

「休暇を楽しめなくて気の毒だと思うかも知れないけど、僕は16歳のときから毎年クリスマスはこうやって過ごしてきた。何も問題はないよ」とマイケル・キャリックは話す。「ウェストハムでプレーを始めたときからずっとこんな調子だ。だからむしろこれが普通だよ」

「うちの子供たちは早起きなんだ」とリオ・ファーディナンドは言う。「僕がトレーニングに出かける前に子供たちはプレゼントを開ける。夜には帰宅してクリスマスディナーを楽しむこともできる。でも確かに多くは望めない。外で凍えるような思いをしなくちゃならないからね」

「サッカー選手のクリスマスの過ごし方は世間の人たちとは違う。でもプレーを楽しんでいるからそれで十分だよ」

アレックス・ファーガソン監督も、31日の誕生日は試合のためゆっくりと祝うことはできない。しかし監督は、選手たちはクリスマスにカーリントンに来るのをひそかに楽しみにしているはずだと言う。

ページ 1 / 2 次へ »