登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「不調の原因は取り除かれたように見えるかも知れない。でも、まずいパフォーマンスや好ましくない結果を全て封印できたとは言い切れない。油断をすればすぐに足元をすくわれる。どんなときも慎重に戦わなければならない」

― マイケル・キャリック

22/12/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

気を引き締めるキャリック

例年、この時期にはチームの勢いが増す傾向にあるユナイテッドだが、マイケル・キャリックはこの時期にも決して油断してはならないと気を引き締めている。

ユナイテッドは今シーズン、タイトル争いに加わる他のチームと同様、険しい道を強いられてきた。しかしユナイテッドの場合、故障者も戦列に戻るなど、暗いトンネルからようやく抜け出しつつあるように見える。しかしそんな明るい予感にも、キャリックは敢えて慎重に向き合っている。

「不調の原因は取り除かれたように見えるかも知れない」とキャリックはManUtd.comに語った。

「でも、まずいパフォーマンスや好ましくない結果を全て封印できたとは言い切れない。油断をすればすぐに足元をすくわれる。どんなときも慎重に戦わなければならない」

「目標は高く持たなければいけないし、ユナイテッドはそうすることでこれまでも強さを維持してきた。今シーズン序盤は苦しんだよ。優位な状況に立っていてもなかなか結果を出せなかった」

「今になって振り返ってみると、無敗でここまで来れたのは素晴らしいし、首位に立っていることにも満足している」

「プレミアリーグでは、状況がいつ急変するか予想もつかない緊迫した戦いが展開される。でも僕たちは上位争いから脱落せずに良い戦いを続けている。年明けも今の状況が維持できているよう、全力で戦うよ」

ユナイテッドは伝統的に、新年を迎える頃から調子を上げていく傾向にある。ファーガソン監督も、そして選手たちも、瀬戸際でのプレッシャーを受けてこそ力を発揮するのだろうか。はたまたトロフィーを目の前にして俄然、闘志が燃え上がるのか。

「タイトルを手にすることはそう簡単ではないよ」とキャリックは認める。「クリスマスの後には優勝争いに残るチームがしぼられてくるだろう。そうするとやはりチームが一丸となって同じ目標に向かって突き進むことになる。それにシーズン後半には大きな試

ページ 1 / 2 次へ »