登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「マルセイユのホームの熱気は有名だ。その後押しを受けるマルセイユは手強い相手になるだろう。彼らはここ2-3シーズンで良いチームに変貌している」

― アレックス・ファーガソン監督

17/12/2010  Report by A Bostock, G Thompson

監督、マルセイユとの対戦を歓迎

アレックス・ファーガソン監督が、チャンピオンズリーグ・ベスト16で対戦することが決まったオリンピック・マルセイユ戦を楽しみにしていると語った。

ユナイテッドは2011年2月23日にマルセイユの本拠地で第1戦を戦い、3月15日にオールド・トラッフォードで第2戦を戦う。

組み合わせ抽選では王者インテルやACミランと対戦する可能性があったが、それは避けることができた。ファーガソン監督は抽選結果を受けて以下のように話した。

「ミラノのどちらかのチームと対戦する可能性もあった。ここ数年はよく当たっていたからね。だが今回は、マルセイユと対戦することになった」

「マルセイユのホームの熱気は有名だ。その後押しを受けるマルセイユは手強い相手になるだろう。彼らはここ2-3シーズンで良いチームに変貌している」

「ディディエ・デシャン監督率いるチームには、かつてユナイテッドでプレーしたガブリエル・エインセがいる。再会できるのは嬉しいね」

「過去のマルセイユ戦はよく覚えているよ。(1999-2000シーズンに)ホームでは2-1と勝ったが、アウェーではウィリアム・ギャラスのゴールにより0-1で負けてしまった。あのアウェーゲームの試合内容は良くなかった」

また、他クラブの抽選結果については「多くの人がアーセナルvsバルセロナ戦は注目の一戦だと思っているだろう」と述べた。

「コペンハーゲンと対戦するチェルシーは勝ち抜くはずだ。ミランvsトッテナム、インテルvsバイエルン・ミュンヘンの試合も興味深い。面白い試合が目白押しで、我々も勝ち上がれるように頑張りたい」

【関連記事】
CLの対戦相手はマルセイユ