登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Ben Hibbs & Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が冬の補強を示唆

アレックス・ファーガソン監督は31日の会見で1月の補強を示唆した。しかしそれはメジャーな選手を獲得するという意味ではないという。

デンマーク人GKアンデルス・リンデゴールは正式には1月からの入団となっているが、すでにチームに加わっている。それ以外の補強選手の有無が気になるところだが、ファーガソン監督はフィールドプレーヤーはレンタル中の若手で十分にカバーできると見ている。

その第一候補がウィガンで活躍中のトム・クレヴァリーだ。また、フェデリコ・マケーダがレンタル移籍を視野に入れ始めたことで、その穴を埋める選手を呼び戻す可能性もある。

「移籍市場で誰かを獲得しようという話は全くない。マケーダはダニー・ウェルベック、マメ・ビラム・ディウフと同じく、出場の機会を得ることが重要だと考えている。彼には出ていって欲しくないが、FW陣は選手が揃っている状態だ。マケーダが出場する機会は限られてしまう」

「ウェルベックはコンスタントにプレーすることで素晴らしい成長を遂げている。彼の成長はイングランド代表にとっても必要なことだ。マケーダと話した際にはウェルベックのケースに言及した。5、6カ月間、他のクラブで経験を積み、成長して帰って来たらどうかとね」

また、ウィガンに移籍中のクレヴァリーについては「素晴らしい活躍を見せている。ただ、ウィガンに対して彼を呼び戻したいという話をはまだしていない」と述べた。

「ユナイテッドとウィガンはとても良い関係にある。パクがいない1月、そしてアントニオ・バレンシアが復帰する見込

ページ 1 / 2 次へ »