登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/12/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「満足のいく試合だった」

アレックス・ファーガソン監督は26日に2-0で勝利したサンダーランド戦の後、チームはすでに2日後に控えたバーミンガム戦を見据えていると語った。

前半早々にディミタール・ベルバトフの先制点により勢いに乗ったユナイテッドは、後半にもベルバトフによる追加点を奪い勝負を決定付けると、後半残り30分には28日のバーミンガム戦を考慮して、監督は選手交代の策を取った。26日に行われる予定だったバーミンガムとエヴァートンの試合は気温の急激な低下による影響で延期となっている。

「満足のいく試合だった」とファーガソン監督はMUTVのインタビューで語った。「前半は特に素晴らしかったよ。大量得点が期待できるような展開だった。後半は次戦に備えて力を温存することを考えなければならなかった。エヴァートン戦が延期となったバーミンガムは、十分休息を取って我々との試合に臨んでくるだろう」

サンダーランド戦の勝利は、内容的にもこれまでのパフォーマンスの中で際立っていたと言えるだろう。DFの強さはもちろん、チーム全体が理想的な時期にベストの状態に持ってこれたとファーガソン監督は考えている。

「確実に調子が上向いている。ここ数週間で素晴らしいパフォーマンスを続けて来たし、一貫した戦いが出来るようになった。特にDFへの信頼が厚いのはチームにとって心強い。これからの戦いに不可欠な要素だからね」

※次節以降の試合予定と最新の順位表はこちら

※あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう

ページ 1 / 2 次へ »