登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ウェインのプレーはまさにワールドクラスと言えるレベルだった。動きは実に素晴らしかったよ」

― アレックス・ファーガソン監督

02/01/2011  Report by Adam Bostock

監督「ルーニーはワールドクラス」

1日のWBA戦では今シーズン最高のプレーでチームの勝利に貢献したウェイン・ルーニーを、アレックス・ファーガソン監督が「ワールドクラス」と称賛した。

ルーニーは貴重な先制ゴールを奪ったが、彼の素晴らしさはゴールだけでなく、それ以外のプレーでも際立っており、ファーガソン監督は以下のように語った。

「今日の彼のプレーはまさにワールドクラスと言えるレベルだった。動きが実に素晴らしかった。チチャリートのゴールも彼のCKから生まれたものだ。普段はCKは蹴らないのに、良いボールを送ってくれた」

「ウェインはここ数試合でもゴールするチャンスはあったが、少しアンラッキーだった。だが、今日のゴールで自信を持つことだろう」

ルーニーが開始3分にヘッドで決めたゴールは、流れの中で決めた得点としては、3月30日のバイエルン・ミュンヘン戦以来のものだった。だが、その試合で足首を痛めたため、その後不調に陥り、ワールドカップでも本来の動きができなかった。

それでもルーニーは負傷を恐れてはおらず、ウェスト・ブロム戦の終盤にクリス・ブラントのタックルを受けて左足首を痛めたものの、交代枠を使い切っていたこともあり、退場せずにピッチでボールを追い続けた。そんなルーニーについて監督はこう続けた。

「足首を痛め、治療が必要だった。でも彼はピッチに戻り、勇気を示してくれた。チームドクターは『数週間、離脱するかもしれない』と考えたようだが、ルーニーは4日の(ストークとの)試合には出場できるだろう」

※次節以降の試合予定と最新の順位表はこちら

※あなたが選ぶマン・オブ・ザ・マッチは? 早速、投票しよう

【関連記事】
監督、「大きな勝利」に満足
オーレを彷彿とさせるエルナンデス