登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/08/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

若手選手の獲得に満足する監督

ユナイテッドは17日、オールド・トラッフォードにおいて、クリス・スモーリング、ハビエル・エルナンデス、ベベの正式な入団会見を行った。その席でアレックス・ファーガソン監督は、この若手3選手はすぐにチームを支えるトップ選手になるだろうし、若手プレーヤーを育成するというクラブの方針も考慮に入れた、満足のできる補強だったと述べた。

「この夏、大金を費やして選手を獲得することもできた。だが、それで大きな効果が得られるとは思わなかったんだ。カントナ、ルーニー、ロナウドといったケースは例外だからね」

「クラブで大きく成長してくれる若手選手を発掘するのが、我々のクラブとしての重要なポリシーなんだ。年齢というものは常に考慮に入れている。チームには30代前半、30代後半、20代後半といろいろな選手がいるし、若手もその中で育成している」

近年は潤沢な資金を持ったオーナーのもと、大金を使って選手補強をするクラブが増えているが、ユナイテッドの指揮官は、それが必ずしも成功への道とは限らないとしながら、「流れは止みそうにない」と続けた。

「この2、3年、億万長者がクラブのオーナーとなり、スター選手の獲得に大金を投じている。危険な兆候と思うかもしれないが、彼らが自分のお金をどう使おうと自由なのだ。だが数年のうちには、お金を使って自分の願望を果たすだけがすべてじゃないことを理解すると思うね」

ページ 1 / 2 次へ »