登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/08/2010  Report by G. Thompson, B. Hibbs

忠誠心は強さの秘けつ

アレックス・ファーガソン監督は、長年若手の育成に力を入れてきた結果、ユナイテッドの生え抜き選手には独特の忠誠心が生まれていると感じている。彼らの忠誠心は、今後もチームを助けていくだろう。

ユナイテッドには今夏、ハビエル・“チチャリート”・エルナンデス、クリス・スモーリング、ベベの3選手が加入した。ファーガソン監督は、彼らにクラブの忠義の士たちと同じ足跡をたどってほしいと願っている。

「若いうちに選手を獲得すれば、忠誠心や闘志が生まれる。それは、将来的にクラブの役に立つ」と監督は述べた。

「(ライアン・)ギグスや(ポール・)スコールズ、(ガリー・)ネヴィルもそうだ。彼らは稀有(けう)な例かもしれないが、ひとつの例、好例であることに変わりはない」

「ジョン・オシェイ、ダレン・フレッチャー、ウェズ・ブラウンの場合も同じだ。ダレンは12歳の時からクラブにいるので、もう14年も在籍していることになる。意外かもしれないけどね。ウェズも10歳で入団し、もう30歳になる」

「若手選手は、ちゃんと面倒を見れば成長する。本当によく成長すると思う。忠誠心もしっかりしている。それは、

ページ 1 / 2 次へ » 


若手の育成がカギ

「若手選手は、ちゃんと面倒を見れば成長する。本当によく成長すると思う。忠誠心もしっかりしている。それは、指導者として与えた教育に、彼らが感謝しているからだ」

― アレックス・ファーガソン監督