登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/08/2010  Report by Ben Hibbs

監督、故障者続出にも自信失わず

アレックス・ファーガソン監督は、カーリントンで行われた今季最初の記者会見で、チームは多くの故障者に見舞われているものの、8日のチェルシーとのコミュニティーシールドへ向けて調子は上向いていると述べた。

ユナイテッドはリオ・ファーディナンド、アンデルソン、オーウェン・ハーグリーヴス、マイケル・カリック、ガブリエル・オベルタン、ラファエウ、ファビオが、チェルシー戦で欠場するか、その可能性が高いと見られている。

「リオの回復は遅れている。あと数週間はかかるだろう。アンデルソンは2週間ほどでトレーニングを再開できる見込みだ」

ハーグリーヴスはまだアメリカで両ひざの治療を行っており、カリックとオベルタンは足首の負傷から回復しているところで、ファーガソン監督は「マイケルのけがは軽傷だ。しかし2週間は離脱するだろう」と続けた。

食中毒にかかったラファエウとファビオも、チェルシー戦への出場は難しい模様。

4日のアイルランド1部リーグ選抜戦に出場したウェイン・ルーニーとマイケル・オーウェンは元気で、ファーガソン監督はチェルシー戦で少なくとも45分はプレーさせる見込み。

【関連記事】
新シーズン開幕へ向け準備は万端
アイルランド選抜 1-7 ユナイテッド