登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「(マイケル・カリック)は深刻なけがではないと思っている。途中交代させたのは、用心のためだ。(ダ・シウヴァ兄弟は)のけがも軽傷である」
─ ミック・フェラン
05/08/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

カリックとダ・シウヴァ兄弟は軽傷

ミック・フェラン・アシスタントコーチが、マイケル・カリックとダ・シウヴァ兄弟の故障は心配するものではないと述べた。

カリックは4日のアイルランド1部リーグ選抜戦で足首を痛め、37分にベンチに下がっていた。また同試合にはラファエウもファビオもベンチ入りしなかったことから、負傷しているのではとの憶測が広がっていた。

しかしフェランはカリックについてMUTVで次のように語った。「深刻なけがではないと思っている。さらに検査を行う予定だ。途中交代させたのは、用心のためであり、とにかく様子を見ていきたい」

「(ダ・シウヴァ兄弟については)試合当日の午後に軽傷を負った。チームと一緒に練習は行ったが、その後少し悪化したので、リスクを冒してまでプレーさせる必要はないと判断した。2人ともスタンドから試合を見たはずだ」

一方、4日の試合ではこれまでプレーしていなかった選手たちが登場し、新シーズンの開幕へ向けて順調に仕上がっていることをアピールした。

フェランも満足している様子で、「良い仕上がり具合だ」とコメントした。「実戦を必要としていた選手もいたので、ゲームに出ることができたのは大きい。短い期間でうまく仕上げてきたと思う」

「マイケル・オーウェンはトレーニングに熱心に取り組んで、調子を上げてきた。新シーズンへ向けて完璧にフィットしているようだ」

「アントニオ(・バレンシア)は、ウェイン(・ルーニー)や(マイケル・)カリックといった選手たちよりも、体調を整えるのに時間がかかったが、もう大丈夫だ」

ページ 1 / 2 次へ »