登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ストライカーというのは常にゴールに飢えているものだ。この得点が自信となり、これからゴールを量産するだろう」
─ ナーニ
29/08/2010  Report by Ben Hibbs

ルーニーの今後のゴール量産に期待

ウェイン・ルーニーが28日のウェストハム戦で今シーズン初ゴールをマークし、3月から得点を挙げていないと騒いでいた批評家たちを黙らせた。

ユナイテッドのチームメートは、これからユナイテッドの10番はゴールを量産していくだろうとし、ルーニーが決めたPKを獲得したライアン・ギグスは、次のように述べた。

「今シーズンのリーグ戦はまだ3試合を消化したばかりで、ウェインはそのうちの2試合しかプレーしていない。とにかく彼が得点を決めたことは事実だ。昨シーズンに多くのゴールを挙げていただけに、彼自身も早く得点したいとは思っていたようだね。これからどんどんゴールネットを揺らしていくと思うよ」

また、ナーニも同様に「彼が得点したことは重要だ」とルーニーのゴールを喜んだ。「ストライカーというのは常にゴールに飢えているものだ。この得点が自信となり、これからゴールを量産するだろう」

ただし、アレックス・ファーガソン監督は、ルーニーはけがやウイルス性疾患で戦列を離れていたこともあり、これからはもっと試合に出て、身体のキレを取り戻してくれることを期待していると述べた。「PKは落ち着いて決めたと思う。だが、我々が注目すべき点は、ウェインのプレー内容だ。まだまだ実戦を積んでいく必要がある。今回は90分プレーしたが、十分ではない。これからイングランド代表の試合もあるし、その後のユナイテッドの重要な試合へ向けて、調子を上げてくれるだろう」

【注目記事】
リーグカップはスカンソープと対戦