登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「リザーブだろうとファーストチームだろうと、常に最高のプレーだけを心がけている。いずれ監督の目に留まり、出場機会が巡ってくるはずさ」

― トム・クレヴァリー

26/08/2010  Report by Steve Bartram

チャンスをうかがうクレヴァリー

最高のパフォーマンスを披露し続けない限り、ユナイテッドのファーストチームでプレーできないことは、トム・クレヴァリー自身が一番よく分かっている。

他チームへレンタルされるという話こそ立ち消えになったものの、クレヴァリーはユナイテッドで激しいポジション争いに直面しており、今シーズンの開幕から2試合続けてメンバー外となった。

しかし、24日に行われたリザーブチームのマンチェスター・ダービーでは、見事なゴールを決めて存在感を発揮。「リザーブだろうとファーストチームだろうと、常に最高のプレーだけを心がけている」とクレヴァリーはMUTVに語った。「それを続けていけば、いずれ監督の目に留まり、出場機会が巡ってくるはずさ」

24日のマンチェスター・シニアカップを戦ったリザーブチームには、極めて強力なメンバーがそろっていた。その一員として出場したクレヴァリーは、勝って当然という重圧を感じていたという。

「マンチェスター・シティー戦はいつも特別だけど、うちのチームにはA代表経験者が6人、U-21代表も6人いたと思う。それで逆に余計なプレッシャーを感じたね。史上最強のリザーブチームだったんじゃないかな。序盤の内容は悪くなかったけど、先制されて勢いに乗れなかった。それでも前半のうちに追いつき、後半からペースを上げて2点を追加した。快勝だったと思うよ」

【関連記事】
リザーブ:シティー 1-3 ユナイテッド