登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「こうした優勝争いを何度も経験している監督の存在が大きい。監督が不安を取り除き、ロッカールームを落ち着かせてくれるので、選手は緊張感で押しつぶされずに済む」

― ドワイト・ヨーク

29/04/2010  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド優勝を思い描くヨーク

ドワイト・ヨークは、5月3日の勝利でユナイテッドがプレミアリーグの首位に返り咲き、通算19回目の優勝に王手をかけると予想している。

英国時間1日のチャリティーマッチに出場するため、2日前からカーリントンで練習を行っているヨーク。かつてユナイテッドやサンダーランドで活躍したストライカーは、リヴァプールがユナイテッドを援護する、しないに関係なく、ホームでのチェルシー戦で黙って引き下がるはずはないと主張した。

ユナイテッドも3日にサンダーランドを倒さなければならないが、アレックス・ファーガソン監督率いるチームにとっては素晴らしい週末になるだろうとヨークは語った。「リヴァプールがただ敗れるはずはない。漠然と試合に出て、負けるつもりでプレーするプロなどいないからね。リヴァプールにも4位でのフィニッシュという目標があり、その可能性をつなぐためにも全力で戦うはずだ」

「ユナイテッドには自信があふれているとはいえ、サンダーランドが楽な相手ではないことも分かっている」とヨークは続けた。この元トリニダード・トバゴ代表FWは、1999年にユナイテッドの3冠獲得に貢献している。「スティーヴ・ブルース監督の手腕は素晴らしく、今季のサンダーランドをリーグ中位に躍進させた。彼らは勝利に見放されていた時期もあったけど、軌道を修正できたのはブルース監督のおかげであり、彼と選手の功績だ」

「長年の間、ユナイテッドはサンダーランドでの試合を苦にしていないし、実力を発揮できれば間違いなく勝てると思う」

一足先に試合を行うリヴァプールが勝つか引き分けた場合、敵地スタジアム・オブ・ライトで夕方にキックオフを迎えるユナイテッドは、そのチャンスを生かして首位の座を奪い返さなければならない。

「こうした優勝争いを何度も経験している監督の存在が大きい」とヨークは語った。「監督が不安を取り除き、ロッカールームを落ち着かせてくれるので、選手は緊張感で押しつぶされずに済む」

ページ 1 / 2 次へ »