登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/04/2010  Report by A Bostock, B Ashby
ページ 1 / 2 次へ » 

PFA、最有力候補はルーニー

ペナルティーエリア内で高い決定力を発揮する今シーズンのウェイン・ルーニーなら、サッカー界の伝説アンディ・グレイが30年前に達成したPFA賞2冠も夢ではない。

グレイは1976-77シーズンにアストン・ヴィラで29得点をマークし、PFAの年間最優秀選手賞と年間最優秀若手選手賞を初めて同時受賞した人物だ。今ではテレビ解説者として活躍する元スコットランド代表FWは、史上2人目となるPFA賞2冠のクリスチアーノ・ロナウドが移籍した今シーズン、ルーニーには得点王に輝くチャンスが訪れたと考えている。

「昨シーズンや2シーズン前、ウェイン・ルーニーが主に左ウイングやトップ下で起用されていたことに疑問を感じていた」とグレイはManUtd.jpに語った。

「それには理由もあっただろう。荷が重過ぎるとアレックス・ファーガソン監督が判断したのかもしれないし、ロナウドの存在が影響した可能性もある。だが、そのロナウドがいなくなった今、ファーガソン監督はルーニーに自分自身を表現する自由を与えている」

「3年前、ウェインはペナルティーエリアの外から多くのゴールを決めていた。しかし、30ゴール以上をマークする今シーズンは、エリア外からほとんど得点していないと思う。これは彼の役割が変わったことを意味する。本人も今のポジションを気に入っているはずだ」

ページ 1 / 2 次へ »