登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

03 April 2010  Report by Gemma Thompson

ユナイテッド 1-2 チェルシー

ユナイテッドは3日のプレミアリーグでチェルシーに1-2で敗れ、首位の座を明け渡した。 (※写真をクリックしてチェルシー戦のギャラリーをチェック!)

ウェイン・ルーニーを故障で欠いたユナイテッドは、明らかに攻撃の幅を欠き、20分にジョー・コールに先制点を許すと、79分には交代出場のディディエ・ドログバに2点目を奪われた。

ユナイテッドはその2分後に同じく交代出場のフェデリコ・マケーダが1点を返したものの、同点ゴールは奪えず、1-2で敗れた。

試合は序盤、チェルシーが続けてチャンスをつかむ。ゴール前でのこぼれ球からデコが最初のシュートを放つ。さらにパウロ・フェレイラがニコラ・アネルカへクロスを供給するが、リオ・ファーディナンドが頭でクリア。CKからアレックスのヘディングが頭でゴールを奪うが、枠の外だった。

一方のユナイテッドは、アントニオ・バレンシアの右サイドのクロスからディミタル・ベルバトフが頭でゴールを狙うが、枠をとらえられず、パトリス・エヴラがドリブルから放ったシュートも、GKペトル・チェフの正面だった。

先制したのはチェルシーだった。19分、フロラン・マルダが1人で左サイドを突破し、ゴール前にクロスを放り込むと、ジョー・コールがバックヒールで流し込んだ。

ユナイテッドは26分、パク・チソンがペナルティー・エリア内でユーリ・ジルコフに倒されたかに思われたが、PKは与えられなかった。チェルシーも30分、アネルカがペナルティー・エリア内でガリー・ネヴィルに横から押されて倒れるが、ファウルとは判定されなかった。

ユナイテッドは39分、この試合で初めてCKを得て、ライアン・ギグスがボールを放り込むも、ダレン・フレッチャーのシュートはブロックされた。

ユナイテッドは前半ロスタイム、ジョン・テリーのベルバトフへのファウルでFKを獲得。だが、ギグスが蹴ったボールははね返され、結局、前半は有効な攻撃の形を作れずにハーフタイムを迎えた。

後半に入っても最初に大きなチャンスをつかんだのはチェルシーで、48分、フェレイラがボールを持ってゴール前に抜け出した。しかしシュートはうまくヒットせず、ファーポストの横に外れた。

ユナイテッドは56分、パクへのファウルで再びFKを獲得。ベルバトフへ合わせようとしたが、ブルガリア代表FWは足がもつれてバランスを崩し、ボールに追いつけなかった。その2分後には、フレッチャーのパスを拾ったパクがゴールを狙うも、上方に逸れた。

リズムをつかんだユナイテッドは、チェルシーのゴールに迫るようになり、ギグスの右サイドからのクロスにベルバトフが頭で合わせたが、わずかにポストの外だった。さらにエヴラのクロスがチェフの頭上を越えたところに、バレンシアが詰めたものの、シュートを打てなかった。

守勢に回っていたチェルシーは70分、アネルカに代え、故障から復帰したものの先発はしなかったディディエ・ドログバを投入。

一方、ユナイテッドも72分、パクとフェデリコ・マケーダ、ポール・スコールズとナーニを代え、一気に交代カードを2枚切った。するとチェルシーもその直後、先制点を奪ったコールを下げてサロモン・カルーを入れた。

ページ 1 / 2 次へ »