登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/04/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

監督はサポーターの後押しに期待

ユナイテッドは7日のチャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンをホームに迎える。準決勝進出には1-2からの逆転勝利が必要だが、アレックス・ファーガソン監督はこれまで以上の声援をサポーターに期待している。

今季のマンチェスター・シティー戦やリヴァプール戦では、ストレットフォード・エンドに陣取る熱狂的サポーターの目の前で後半に劇的な決勝点を奪ったユナイテッド。バイエルン戦でもその再現に期待するファーガソン監督は、コイントスの際に裏表のないコインをニコラ・リッツォーリ主審に渡すと冗談を述べた。

「オールド・トラッフォードの大声援に押されて攻勢を強めると、ゴールに吸い込まれるような感覚を味わう。ボールがストレットフォード・エンドに引き寄せられるようにね」とファーガソン監督は語った。

「不思議な感覚だよ。そんな瞬間が訪れ、残り15分間に勝負を決めた試合はいくつもある。それはチームの力だけによるものではなく、ファンの大きな後押しがあるからだ。バイエルン戦でも同じことが起こるように願っている。終了間際のゴールは偶然に決まるわけではない。それはこのスタジアムの特徴であり、我々がリスクを負ってでも勝ちにいくからだ」

とはいえ、サポーターをそうした雰囲気に包むのは選手たちだ。ファーガソン監督もチームに対し、ファンを盛り上げていくようなパフォーマンスを求めている。

「パフォーマンスのレベルが一番のポイントになる。この試合にふさわしいレベルでプレーできれば、サポーターを魅了するだけでなく選手にも自信が生まれる」

ページ 1 / 3 次へ »