登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/04/2010  Report by Ben Hibbs

夏の移籍市場を見すえる監督

アレックス・ファーガソン監督が、高い移籍金を払うより若手を育てるほうに力を入れたいと語りつつ、夏の移籍市場で2選手の獲得を狙っていることを明かした。

既に若手の2選手、メキシコ人ストライカーのハビエル・エルナンデスと、イングランド人DFクリス・スモーリングがシーズン終了後にオールド・トラッフォードにやってくることが決まっているユナイテッドだが、ファーガソン監督は、あと2名の追加を考えている。

「うちのチームは非常に優れているので、微修正するだけでいい。ここに一人、あそこに一人という具合にね」と監督は語った。

「若い選手を獲得してクラブの中で育てたい。そのやり方で成功してきたから、メキシコからエルナンデスを獲得した。夏の移籍では一人、最大で二人追加するかもしれない。うちのチームは優れているからそれで十分だ。一人か二人でいい。大きな変更は必要ない」

ファーガソン監督は、土曜日のランチタイムに対戦する地元のライバルとは、金銭面で競い合う気もないようだ。シティーがもしチャンピオンズリーグに出場できる4位に入れば、10名ぐらい新しい選手を獲得するのではないかと

ページ 1 / 2 次へ » 


移籍について

「うちのチームは非常に優れているので、微修正するだけでいい。ここに一人、あそこに一人という具合にね」

― アレックス・ファーガソン監督