登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/04/2010  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「リヴァプールは全力を出す」

リヴァプールは、チェルシーを本拠地アンフィールドに迎える5月2日の試合で引き分け以上を収めるとタイトル争いで宿敵ユナイテッドに加担することになるが、それでも全力で勝利を狙うはずだとアレックス・ファーガソン監督は語った。

リヴァプールとユナイテッドほどお互いにライバル心を燃やしているチームはない。だがファーガソン監督は、だからといってリヴァプールが、ユナイテッドの通算19回目のリーグ優勝を阻むために、チェルシーに味方することはないだろうと言い切った。

「偉大なクラブは、たかが1試合のためにその歴史や伝統を台無しにするようなことはしない」とファーガソン監督は言う。「リヴァプールは2日の試合を計算なしで全力で戦うと思う。そうするしかないからだ。英国人選手の回復力、英国でプレーする選手の回復力に期待している。土曜に試合をし、週半ばにもやってまた土曜にもプレーするというように、常に気迫ある戦いを見せなければならないのだ」

リヴァプールがユナイテッドのタイトル争いに手を貸せる状況は、プレミアリーグの創設以降、今までにもあった。1995年、優勝を争っていたライバル、ブラックバーンがアンフィールドで最終節を迎えたのだ。

「あの時はリヴァプールが我々の優勝に味方してくれるよう願った」とファーガソン監督は振り返る。だがユナイテッド自身がウェストハムに敵地アップトンパークで1-1と引き分けたため、ブラックバーンが優勝をさらった。

ページ 1 / 2 次へ »