登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/04/2010  Report by Steve Bartram

監督「辞めるつもりはない」

アレックス・ファーガソン監督が、23日午前の記者会見で、退任の時期を決めているとの噂を一蹴した。

タブロイド紙は今週、「ファーガソン監督は2010-11シーズンを最後に、自身の壮大な監督生活に幕を下ろすようだ」という内容の記事を載せた。しかし、監督はこれを完全否定。記事を書いた『デイリー・スター』紙のビリー・ソーントン記者を冷やかした。さらに、報道陣に対し、まだ何年もオールド・トラッフォードに居座り続けると冗談を交えながら話した。

「私は君に辞めてほしいよ、ビル」とユナイテッドの指揮官。「最後の仕事にふさわしい記事じゃないか!全くくだらない話だ。私に辞めるつもりなんて全くない」

「進退を決めるのは、私の健康だけ。君たちには申し訳ないけど、すこぶる元気さ! だから今後も私に我慢してもらわないとね。心配しなくても、君たちの方が先にいなくなるだろうけど。君らの書き方の大半を見ていると、ほとんどを出入り禁止にすることになるだろうからね!」

プレミアリーグのタイトル争いの緊張感のおかげで仕事を続けていられるのかと聞かれると、ファーガソン監督はこう答えた。「それで健康を保てるとは思えない。精神的にいいものではないよ。だが、それは仕方ない。人生にプレ

ページ 1 / 2 次へ » 


どこにも行かない

「全くくだらない話だ。辞めるつもりなんて全くないよ。進退を決めるのは、私の健康だけ。君たち(記者)には申し訳ないけど、すこぶる元気だよ!」

― アレックス・ファーガソン監督