登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

12 September 2009  Report by Steve Bartram

トッテナム 1-3 ユナイテッド

試合開始直後の失点、ポール・スコールズの退場を乗り越え、ユナイテッドはホワイト・ハート・レーンで逆転勝利を収めた。

試合開始1分、ユナイテッドはジャーメイン・デフォーに先制ゴールを奪われたが、ユナイテッドはライアン・ギグスとアンデルソンのゴールで逆転に成功。スコールズが2度の警告で退場処分を受けたものの、ウェイン・ルーニーがチームに貴重な3点目をもたらし、ユナイテッドが3-1で快勝を収めた。

90分を通して、ユナイテッドは王者の風格を漂わせる試合を展開。プレミアリーグ4連覇を阻もうとするライバルに対し、無言の警告を発した。

試合前の会見で、アレックス・ファーガソン監督が復帰の可能性を示唆していたリオ・ファーディナンドが先発。そして、右サイドバックには負傷による長期離脱が報じられていたオシェイが出場。ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エヴラと共に、ベン・フォスターの守るゴールの前で最終ラインを形成した。

中盤にはアンデルソン、スコールズ、ダレン・フレッチャーが起用され、前線にはウェイン・ルーニー、ディミタール・ベルバトフ、そしてライアン・ギグスが起用された。

先手を取ったのはトッテナム。開始50秒、ブノワ・アス・エコトのクロスをピーター・クラウチがヘッドで落とし、デフォーがオーバーヘッドでシュートを決めたのだ。

失点を許した直後に、フレッチャーが試合を振り出しに戻そうとギグスのクロスを受けてシュートを放つが、これはGKカルロ・クディチーニに防がれてしまう。

アンデルソン、スコールズ、ギグスが鮮やかなパスを繋いでトッテナムを翻弄。ウィルソン・パラシオスがパスを受けたベルバトフを倒してゴール正面約25メートルの位置でユナイテッドはFKを得た。ギグスが蹴ったFKは美しい弧を描き、そのままゴールネットへ。この試合でユナイテッドでの先発出場700試合を果たしたギグスが、自らのゴールで記録達成に花を添えた。

この後5分間で、ユナイテッドにはチャンスが3度も訪れる。ベルバトフとエヴラのクロスを受けたルーニーのシュートは、クディチーニに防がれ、スコールズのパスを受けたベルバトフのシュートは、セバスティアン・バソンにクリアされた。

41分、スコールズが放ったクロスはDFにはじかれたが、こぼれ球を拾ったアンデルソンが、低弾道のシュートを決めた。長い間、ゴールを決められずにいたアンデルソンが、ついにユナイテッドでの初ゴールを記録。豊富な運動量で中盤を活性化させていたアンデルソンにとって、素晴らしいご褒美になったことだろう。

後半は前半ほどエキサイティングな立ち上がりではなかったが、トッテナムはパラシオスに代えて、ジャーメイン・ジーナスを投入してきた。

60分過ぎ、ユナイテッドに問題が起こる。スコールズに2枚目のイエローカードを提示されたのだ。

この非常事態に、アレックス・ファーガソン監督はベルバトフに代えて、ボールキープに長けたカリックを投入。すると、この采配はすぐに効果を表した。

ルーニーが左サイドからペナルティエリアに進入し、ニアサイドに弾丸シュートを放つ。しかし、クディチーニにセーブされてしまった。その直後、今度はパトリス・エヴラがカウンターを仕掛けるが、このシュートは

ページ 1 / 2 次へ »