登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/09/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

リザーブがマザーウェルに敗れる

マザーウェルは6日、オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるリザーブを1-0で破り、初めてサー・マット・バスビー・シールドのタイトルを手にした。

マット・バスビーの生誕100周年を祝うこのマザーウェル戦にユナイテッドは若い選手たちを送りこんだ。

ユナイテッドは、収益のすべてがマット・バスビー奨学制度へと寄付されるこの大会に、南北ラナークシャーの関係者からの招待を受けて参戦することになった。この制度は大人や子どもが分け隔てなくサッカーを楽しむことによって、マット・バスビーのような選手を輩出しようというのが主たる目的である。

3470人ものファンが観戦に訪れたこの試合は、ジレス・コークの決勝ゴールによりマザーウェルが勝利した。また試合開始前には、マット・バスビーに対して観客から暖かい拍手が送られていた。

マザーウェルのジム・ガノン監督は、このような試合が行われることに大きな意義があると主張した。「若い選手たちに多大なる影響を与えた、偉大な指導者の記念日にふさわしい試合となった。そして我々の若い選手たちにとっては、将来のユナイテッドの主力になるであろう選手たちと試合をする素晴らしい機会でもあったのだ」

スールシャール監督はこのように語っている。「若い選手を多く抱える両チームにとって、非常に意味のある試合だった」

ページ 1 / 2 次へ »