登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バークレイズ・プレミア・リザーブリーグ
プレントン・パーク、2009年9月17日(木)
リヴァプール 1
エヌゴク(5分)

マンチェスター・ユナイテッド 0
18/09/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

リザーブがリヴァプールに敗戦

試合開始早々デイヴィッド・エヌゴクに先制点を奪われた後、何度か訪れたチャンスを逃したユナイテッドは、リザーブリーグでの今シーズン初黒星を喫した。

ゴール前の混戦から抜け出したエヌゴクが、リヴァプールに先制点をもたらした。しかし、30分を過ぎたところで10人になったリヴァプールを相手に、ユナイテッドは怒涛の攻勢を見せた。試合を振り出しに戻すことすらできなかったのが、不思議でならない。

リヴァプールのGKデイヴィッド・マーティンのロングボールを受けたエヌゴクの先制点によって、この試合はユナイテッドにとって最悪のスタートとなった。

リッチー・デ・レートとジョー・ダッジョン、ロン・ロバート・ツィーラーの間をすり抜け、エヌゴクはボールをゴールネットに突き刺した。

この早い時間帯での失点に、ユナイテッドは自信を失うが、その後はデイヴィッド・グレイがネイサン・エクレストンの近距離からのシュートをクリアするなど、試合が進むにつれ、ユナイテッドは落ち着きを取り戻す。しかし、フェデリコ・マケーダの左足のシュートはセーブされてしまう。今度はリヴァプールのエクレストンがシュートを放つが、これはツィーラーがクリアした。

30分を過ぎた頃、リヴァプールのダミアン・プレシスが退場となり、ユナイテッドにとっては大きなチャンスとなる。マグナス・イークラムへのタックルで、足を高く上げたとしてレッドカードが提示された。

この退場で、1人少なくなったリヴァプールは守備的になる。そして、ユナイテッドは数的優位な状況となり、試合を支配するようになる。

後半開始直後、ゾラン・トシッチからジョシュ・キングへ2度のスルーパスが通るが、GKマーティンとクリス・マヴィンガによってチャンスはつぶされてしまう。また、ダニー・ウェルベックはマグナス・イークラムのブレ球のFKからのチャンスを逃してしまう。

ページ 1 / 2 次へ »