登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/09/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「試練を乗り越えた」

ユナイテッドの勝利のカギは経験とスピードだった。ポール・スコールズのゴール、そしてアントニオ・バレンシアのプレーにそれが最もよく現れていた。

BJKイニョニュでの試合を終えた後、アレックス・ファーガソン監督は「素晴らしい雰囲気だった。そして、集中力が試された試合だったが、ユナイテッドは試練を乗り越えることができた」と語った。

監督は申し分のないポジショニング感覚を持っていたとして、長年ユナイテッドに貢献してきたベテランのポール・スコールズに称賛を送った。また、右サイドで素早く動き回り、幾度もベジクタシュを脅かした、ユナイテッドに加入したばかりのアントニオ・バレンシアについても語っている。

「勝利のカギはバレンシアだったと思う」と監督は語った。「バレンシアは何度も素晴らしいプレーを見せていた。フィニッシュの精度は高める必要があるが、ベジクタシュにとっては大きな脅威だったと思うよ」

前半は何事もなく終わったが、後半からはバレンシアを始めとしたユナイテッドの猛攻が始まった。ナーニが送ったクロスをマイケル・カリックが受けてシュートする場面もあったが、残念ながらユナイテッドの得点はスコールズの1点にとどまった。

「後半に入ってユナイテッドには緊迫感が生まれたと思う。立ち上がりは素晴らしかった。最初の攻撃でゴールが奪えそうだったからね。あのプレーがチームを刺激したと思う」と監督は分析する。

ページ 1 / 3 次へ »