登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ストーク vs ユナイテッド
プレミアリーグ
9月26日(土)23時(日本時間)
ブリタニア

テレビ放送予定:J sports Plus
試合後のリポート、監督・選手コメントは、ManUtd.jpでチェック!
26/09/2009  Report by Matt Nichols
ページ 1 / 2 次へ » 

ストーク戦プレビュー

昨シーズン、ユナイテッドはボクシングデー(12月26日)にブリタニアを訪れ、勝利を収めた。クラブワールドカップ参加ための日本遠征から帰国したばかりという悪条件の中で勝利を収めたこの試合は、昨シーズンの中でもカギとなる重要な試合となった。終盤のカルロス・テベスの終盤の決勝点により1-0で勝利したユナイテッドだが、今回も厳しい試合になることは間違いないだろう。

チーム情報
批評家の酷評を跳ね返し、快適なプレミアリーグ昇格1年目を終えたストークが、2年目も順調なスタートを切っている。昨シーズン、ストークはホームでの強さを誇っていた。今シーズンは昇格組のバーンリーに初戦で勝利を収めた。その後ミッドウィークに行われたリヴァプール戦には0-4で敗れるものの、バーミンガムとはスコアレスドロー、サンダーランドには1-0で勝利している。リーグ2位だったチェルシーとのホームでの対戦は、引き分けるかに思われたが、試合終了間際のフロラン・マルダのゴールで敗れてしまった。その後ボルトンとの対戦でも終盤にゴールを許し、リーグ3勝目を挙げるには至らなかった。カーリングカップでは2回戦でレイトン・オリエント、3回戦でブラックプールを破り、4回戦進出を決めている。

選手情報
ストーク側では、ファンに最も愛されているアブドラーイェ・ファイェが背中の負傷で出場できないだろう。さらにリカルド・フラー(そ径部)、ジェイムズ・ビーティー(足首)も出場が危ぶまれている。ビーティーはカーリングカップのブラックプール戦に出場し、症状が悪化したと見られている。ストークはブラックプール戦で何人かの選手に休養を与えており、26日にはコンディションが万全の状態でリーグ戦に戻ってくるだろう。一方のユナイテッドは、23日のウォルヴァーハンプトン戦で新たは負傷者を出すことはなかった。また、アレックス・ファーガソン監督は何人かをこの試合で休ませている。エドウィン・ファン・デル・サールの復帰には、3週間がかかると見られており、ゴールマウスはベン・フォスターが守ることになるだろう。ファビオはウルヴス戦で退場処分を受けており、ストーク戦に出場することはできない。また、リッチー・デ・レートにとってストークは古巣であり、対戦を望んでいることだろう。ラファエウ(肩)、ガブリエル・オベルタン(背中)、オーウェン・ハーグリーヴス(足首)も、出場機会はないだろう。また、出場停止によりマンチェスター・ダービーに出場しなかったポール・スコールズがチームに戻ってくるだろう。

監督
トニー・プリス監督は、ストークを率いて2年目になる。彼の指揮の下、ストークは確実に結果を残している。2008-09シーズンにストークが昇格すると同時に就任したプリス監督は、そのシーズンの順位を12位で終えた。チームは非常に堅実で、特にセットプレーでは強固な守備を発揮する。今シーズンはトルコ代表のトゥンジャイを獲得した。

ページ 1 / 2 次へ »