登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/09/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

強調なチームを喜ぶジョイス

リザーブチームのアシスタントコーチであるウォーレン・ジョイスは、2009-10シーズンがスタートしたことを喜んでいる。

9月上旬に行われたマザーウェルのファーストチームとの親善試合で、3月以来の敗戦を喫したユナイテッドのリザーブチームだったが、リザーブリーグが開幕してから4連勝を飾っている。ジョイスは、ここまでチームは順調に成長していると感じているようだ。

「選手たちは良いスタートを切った」と、ジョイスはManUtd.comに話した。「我々は、調和のとれたチームになっている。ランカシャー・シニア・カップ決勝のボルトン戦では若いメンバーで臨んだが、プレミアリーグに出場したことのある選手を相手に戦い、1-0で勝利を掴み取った」

「マンチェスター・シニア・カップのウィガン戦でも良い戦いを見せることができた。唯一期待外れだったのは、ボルトンとのリザーブリーグ開幕戦だったよ。あの試合の前半は、我々の普段どおりのテンポでサッカーができなかった」

「我々は、素晴らしいサッカーを見せているし、ボールも良く回せている。選手が代わるため、同じ陣容で戦うことはできていない。だが、誰が出場しても遜色ないプレーを見せてくれている」

ジョイスと、リザーブリーグのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、試合で最高の結果が出るように、選手たちに最高のプレーとプロ意識を要求している。

ページ 1 / 2 次へ »