登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/09/2009  Report by A Bostock & S Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス、オープンな試合を予想

これまでに、激しい打ち合いを演じてきたユナイテッドとトッテナム。サッカーフリークの間では、決定機が多く見られるカードとして有名で、当事者であるユナイテッドのMFギグスもこの一戦を心待ちにしている。

「トッテナムはアーロン・レノンやジャーメイン・デフォーといった得点力の高い選手たちを擁している上に、トッテナムの守備は非常にレベルが高い。そして、今シーズンはここまで順調を維持している」と、ギグスは対戦相手を警戒を示した。

かつてギグスは、トッテナム戦でキャリア最高のゴールの1つを記録。更に、敵地ホワイト・ハート・レーンでは、数々の名勝負を楽しんできた。

「ユナイテッドとトッテナムは、正統派のサッカーを好むことで知られている。トッテナムのホワイト・ハート・レーンは、素晴らしいスタジアムで、いつも厳しい試合になる。最高のチームと対戦するのだから、僕らもベストを尽くさないとね」

ユナイテッドがトッテナムに勝利すると、敵地での勝利は2007年2月以来の勝利。また、今シーズン、3連勝となる。

「もちろん、バーンリー戦の敗北はショックだったよ。高いレベルのプレーができていただけに、特にね」と、ギグスは振り返った。

「昇格組のバーンリーに敗れたことで、僕らの得点力に疑問の声が上がり始めたけど、その後のウィガン戦では、本当に良いプレーを披露して、たくさんのゴールを挙げることができた。アーセナル戦でも実力を最大限発揮したとまでは言え

ページ 1 / 2 次へ »