登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/09/2009  Report by Steve Bartram

新たな戦力たち

アレックス・ファーガソン監督は移籍市場が閉じる直前の時期に選手を補強せず、現有戦力で戦うことを選んだ。そして、多くの選手たちの復帰が間近に迫っている。

リオ・ファーディナンド、エドウィン・ファン・デル・サール、ラファエウ、そしてオーウェン・ハーグリーヴスといった選手たちは復帰目前だ。また、今夏新たにユナイテッドへ加入したガブリエル・オベルタンも負傷から回復しており、若手FWのアデム・リャイッチとマメ・ビラム・ディウフも1月にはチームへ合流するかもしれない。

ファーガソン監督はオフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』の10月号で以下のように語っていた。

「オベルタンは背骨に問題を抱えていた。ただ、1カ月から1カ月半ほどで復帰すると思う。100パーセントの状態であるオベルタンが必要だ。だから復帰に時間をかけているんだ。オベルタンはスピードのある選手で、サイドでも中央でもプレーできる。本当に多彩な能力を持っているよ」

「16歳の頃の彼は、ヨーロッパでも有数の才能を持った選手だった。この1年半、背中に痛みがある中でプレーしていたことを我々に語ってくれた。オベルタンにとても期待している。彼は素晴らしい青年で英語もうまい。そして

ページ 1 / 2 次へ » 


雄弁

「16歳の頃の彼は、ヨーロッパでも有数の才能を持った選手だった。この1年半、背中に痛みがある中でプレーしていたことを、彼は自分から我々に語ってくれた。だから、誰も詳しく調査することはしなかったんだ。我々は、オベルタンにとても期待している。彼は素晴らしい青年で、英語も上手い。そして、とても落ち着いている」

― アレックス・ファーガソン監督