登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/09/2009  Report by Nick Coppack

ロナウドが2ゴール

終盤のポール・スコールズのゴールがユナイテッドに勝ち点3をもたらした。しかし、この日、チャンピオンズリーグで勝利を収めたのはユナイテッドだけではなかった。

15日のチャンピオンズリーグ8試合のうち、引き分けに終わった試合は2つだけだった。ユヴェントスはホームでボルドーと1-1で引き分け、APOELニコシアはアウェイでのアトレティコ・マドリー戦をスコアレスドローで終え、勝ち点1を持ち帰った。

15日の試合で大勝を収めたチームはレアル・マドリーだった。そして、昨シーズンまでユナイテッドでプレーしていたロナウドが2ゴールを挙げている。ロナウドは2つのFKを直接叩き込んだが、ともにチューリッヒのGKジョニー・レオニーの判断ミスだった。

ロナウドの先制ゴールの後、ラウールとイグアインが決めて3-0で前半を終えたレアル・マドリーだったが、後半に入ると63分、65分とわずか2分間で2失点を喫してしまう。しかし、89分にロナウドが2点目を決めると、ロスタイムにはグティが決め、終わってみれば大勝だった。

もう1人の元ユナイテッド選手であるガブリエル・エインセは、マルセイユの一員としてグループCのミラン

ページ 1 / 3 次へ » 


15日の試合結果

グループA
ユベントス 1-1 ボルドー
マッカビ・ハイファ 0-3 バイエルン

グループB
ヴォルフスブルク 3-1 CSKAモスクワ
ベジクタシュ 0-1 ユナイテッド

グループC
チューリッヒ 2-5 レアル・マドリー
マルセイユ 1-2 ミラン

グループD
チェルシー 1-0 ポルト
アトレティコ・マドリー 0-0 APOELニコシア