登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ユナイテッドのパフォーマンスには満足しているよ。良いサッカーができたし、ファンタスティックなプレーも何度かあった。何度もペナルティエリアへ侵入することができたし、場合によってはもっとゴールを奪っていたかもしれない」
― アレックス・ファーガソン監督
01/10/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

CL2勝目にご満悦の監督

アレックス・ファーガソン監督が、チャンピオンズリーググループリーグでの2勝目を喜んでいる。オールド・トラッフォードで行われたヴォルフスブルク戦での勝利によって、ユナイテッドはグループBの首位に立つことができた。

ベジクタシュ戦での1-0の勝利でグループリーグ初戦を飾ったユナイテッドは、オールド・トラッフォードで行われたヴォルフスブルク戦では先制を許した。しかし、ライアン・ギグスとマイケル・カリックのゴールで逆転勝利を収めた。

チームの勝利に値するパフォーマンスを監督は称賛しつつも、エディン・ジェコのゴールにより先制したヴォルフスブルクの躍動的なパフォーマンスについても言及した。

「ヴォルフスブルが良いチームだということは知っていた。ジェコを始めとした攻撃的な選手は難しい相手だと覚悟していたんだ」と監督はMUTVに語った。

「ジェコは素晴らしい選手だ。本当に手に負えないよ。ユナイテッドには素晴らしいセンターバックコンビがいるんだが、それでも彼を押さえ込むのは難しかった」

「ユナイテッドのパフォーマンスには満足しているよ。良いサッカーができたし、ファンタスティックなプレーも何度かあった。何度もペナルティエリアへ侵入することができたし、場合によってはもっとゴールを奪っていたかもしれない」

「グループリーグで2勝できたことにも満足しているよ。早い段階で勝ち点を手にするのは、いつだってアドバンテージになる。この後アウェーでのCSKAモスクワ戦が控えているが、この2勝によってプレッシャーを感じずに試合に臨むことができるよ」

先制された後、試合を振り出しに戻したのはライアン・ギグスだった。このゴールは彼にとってユナイテッドでの150ゴール目にあたる。その後、カリックが決勝点を挙げた。

ページ 1 / 2 次へ »