登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

11/09/2009  Report by Amir Rashid
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「移籍に不正はなかった」

アレックス・ファーガソン監督はユナイテッドが若手選手たちの両親にお金を渡すようなことはしていないと話し、また、そのような行為は「クレイジー」だと主張した。

監督は数日前に発表された強い表現によるクラブの公式声明を受けてフランス出身の10代の若手選手、ポール・ポグバの獲得に関して不正行為は一切なかったと否定した。

「様々な噂が飛び交っているようだが、私はマンチェスター・ユナイテッドが若手選手との契約に際して正当な手続きで交渉を進めたことをみなさんに保証する」

先週、チェルシーはランスのMFガエル・カクタ獲得に際して不正を行ったとして、FIFAから今後2度の移籍市場での新選手獲得禁止を言い渡された。ユナイテッドはル・アーヴルからこれと同様の不正があったとの訴えを受けているのだが、監督は10日の記者会見でユナイテッドが決して不正を行ってはいないと説明している。

「我々が両親にお金を払うなんていうことはあり得ない。考えるのも馬鹿げているよ。両親にお金を払うなんてひどい頭痛の種にしかならない。これは何かに不満を持ったフランスのクラブのディレクターの言いがかりだろう。すぐに彼はコメントを撤回することになるはずだ」

「ユナイテッドは大きなクラブだから、常にこんな噂がつきまとう。しかし、こういった話をする人たちには何の根拠もなく、状況を良く知りもしないんだ。他のクラブには疑惑の行為もあったかもしれないが、私は自分のクラブにそんな行

ページ 1 / 2 次へ »