登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Gemma Thompson in Istanbul
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「経験が生きるだろう」

たとえベジクタシュのファンが、自分たちが応援するチームと同じくらい情熱的だとしても、マンチェスター・ユナイテッドを率いるアレックス・ファーガソン監督は、2009-2010シーズンのチャンピオンズリーグ開幕戦を勝利で飾るにはユナイテッドに十分な経験があると信じている。

イングランド王者のユナイテッドはかつて、ガラタサライのファンに「地獄にようこそ」と歓迎されたり、フェネルバフチェとのアウェー戦でも苦戦を強いられた。しかし、監督はこのような試合を経験が今のチームに活かされていると主張する。

「以前にも2、3回トルコで試合をした。そして常に色々な経験を積んできた」と、監督は試合前記者会見で語った。

「15日の試合もスタジアムの雰囲気はこれまでと同じような感じになるだろう。あの感じはトルコ独特のものだ。ファンは本当に熱狂的だしね」

「ファンが試合の日の昼頃からスタジアムにいたことを覚えている。それは本当に素晴らしいことだと思う。支持するクラブに対する忠誠心が示されていた」

ピッチ上のことに言及した監督は、ベジクタシュの魅力的なサッカーを称賛している。

ページ 1 / 2 次へ »