登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/10/2009  Report by Communications Dept.
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が主審に謝罪

この声明は2009年10月3日に行われたプレミアリーグのサンダーランド戦での発言に関連してのものだ。

監督はこの問題について次のようにコメントを発表している。

「私の発言でウィリー氏を個人的に困惑させてしまったこと、そして、その意見が公表されてしまったことについて、彼とイングランド・サッカー協会(FA)に謝罪したい」

「思い返してみれば、確かにあのような発言は公式の場ではふさわしくなかったと思う」

「私は決して、メディアの注目をウィリー氏に集めようと意図したわけではない。このインターナショナルウィーク中の海外旅行を終えて戻り次第、個人的に謝罪に行きたいと考えている」

「私は常にウィリー氏の完璧な仕事に敬意を払っているし、決して次のような意味合いを含んだ発言ではなかった」

・ウィリー氏が悪い審判である
・ウィリー氏に偏見がある
・試合中の意思決定が総じてうまくない
・試合の大事な場面を見逃している

「私は単に、公の場で話すことによって、重要かつ深刻な問題だと私が考えていることを強調しておきたかっただけだ。現代サッカーにおいては審判に要求される体力面のレベルが高くなっている。だからこそ、公式にこの問題に取り組んで

ページ 1 / 2 次へ »