登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ランカシャー・シニア・カップ
2009年10月29日 モス・レーン

マンチェスター・ユナイテッド 1
トシッチ(71分)

リヴァプール 1
エクレストン(29分)

PK戦の末、リヴァプールが4-3で勝利

30/10/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

リザーブがPK戦で敗退

ユナイテッドのリザーブチームは、モス・レーンでリヴァプールにPK戦の末に破れ、ランカシャー・シニア・カップ3連覇への夢は終わった。

前半終了間際のネイサン・エクレストンのゴールでアウェーのリヴァプールが先制ゴールを決めたが、ユナイテッドは猛反撃に出て、ゾラン・トシッチが23メートルの距離からのFKを決めて同点に追いついた。トシッチは終了間際にもチャンスを得たが得点には結び付かなかった。

90分のプレーを終えても決着がつかず、試合はPK戦にもつれ込んだ。ここでリヴァプールのGKディーン・ボウサニスがマシュー・ジェイムズとリッチー・デ・レートのPK戦を止め、リヴァプールが精神力の強さを証明した。

序盤は、好スタートを切ったユナイテッドが多くのチャンスを作り出した。キャメロン・スチュワートの右サイドからのクロスにジョシュア・キングが走りこんだが、9メートルの距離からのカーブのかかったシュートは惜しくもバーを越えていった。

その直後にGKボウサニスの出番が訪れた。キャプテンのコリー・エヴァンスが2度のボレーシュートでゴールを狙ったが、これはボウサニスがセーブした。攻勢に出ていたユナイテッドだが、30分、リヴァプールにリードを奪われてしまう。

エクレストンの左サイドからのシュートがネットを揺らした瞬間、ピッチは混乱に包まれた。線審はこの時オフサイドフラッグを上げていたのだが、主審はこの判定を覆し、リヴァプールの先制ゴールは認められたのだった。

ジョー・ダッジョンのライン際での活躍がなければ、ユナイテッドは前半のうちにリヴァプールに追加点を奪われているところだった。左サイドバックのダッジョンはエクレストンのヘディングを顔面で受け止めるファインプレーを見せた。

ページ 1 / 2 次へ »