登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/10/2009  Report by Nick Coppack

けが人の多さに悩む監督

ユナイテッドは、多くのけが人を抱えたまま、31日のブラックバーン戦に臨む。

リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、ライアン・ギグスは出場が危ぶまれており、ダニー・ウェルベック、ダレン・フレッチャー、パク・チソンは、欠場が決まっている。また、ガリー・ネヴィルは27日に行われたカーリングカップ4回戦のバーンズリー戦でレッドカードを提示されたため、出場停止処分を受けている。

「ブラックバーン戦のメンバー選考に頭を悩ませているよ」と、アレックス・ファーガソン監督は試合前の記者会見で語った。

ふくらはぎの負傷に悩まされているヴィディッチの出場可否について、ファーガソン監督は、30日に行われるトレーニングの状況を見て判断することを明かした。

また、ファーガソン監督は、パク・チソンが韓国から戻ってきて以降、ひざの状態が良くならないことに頭を悩ませているとも語った。「我々は、数週間この状態に耐えなければいけない」と、ファーガソン監督は語っている。

一方、フレッチャーに関してはポジティブなニュースがある。フレッチャーは、サンダーランド戦以来、約4週間に渡って戦列から離れていた。ブラックバーン戦は欠場となるが、29日からトレーニングを開始している。ファーガソン監督とユナイテッドのスタッフは、11月8日に行われるチェルシー戦で、フレッチャーを起用することを視野に入れている。