登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド vs ボルトン
プレミアリーグ
10月17日(土)23時(日本時間)
オールド・トラッフォード

テレビ放送予定:J sports Plus
試合後のリポート、監督・選手コメントは、ManUtd.jpでチェック!

17/10/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ボルトン戦プレビュー

サンダーランドと引き分けてインターナショナルウィークに入ったユナイテッドは、ボルトンに勝利して調子を取り戻したいところだ。しかし、ガリー・メグソン監督率いるボルトンは簡単には勝たせてくれないだろう。

チーム情報
プレミアリーグ開幕戦から3連敗したボルトンだったが、それ以降は少しずつ調子を取り戻し、最近4試合で勝ち点8を手にしている。ゴール前で容赦のない彼らは、最近6試合で12ゴールを挙げており、ビッグチームとも対等に渡り合えることを証明した。一方、ユナイテッドは接戦となったサンダーランド戦を結局2-2で引き分けたことで、連勝は8でストップ。リーグ戦中断期間を終え、再び勝利を手にしたい。

選手情報
エドウィン・ファン・デル・サールがついにゴールマウスに帰ってくるだろう。そして、サンダーランド戦で途中交代したマイケル・オーウェンも、そ径部の負傷を克服した。大きな懸念として、ふくらはぎの負傷でベラルーシ代表戦を欠場したイングランド代表ウェイン・ルーニーの状態が挙げられる。ボルトン側では、ショーン・デイヴィス(ひざ)が長期離脱中だ。他には、MFジョーイ・オブライエン(ひざ)、DFサミュエル・リケッツ(足首)の欠場が見込まれている。アレックス・ファーガソン監督のアラン・ワイリー主審に対するコメントについて、ガリー・メグソン監督はもう忘れるように言っていた。ファーガソン監督はメグソン監督を非常に高く買っており、ボルトンサポーターにメグソン監督の支持を訴えている。

注目選手
タミル・コーヘン。イスラエル代表のコーヘンは中盤の脅威だ。彼はすでに今シーズン3ゴールを記録しており、そのうち1ゴールはリヴァプール戦で挙げたものだ。ちなみに彼の父のアヴィ・コーヘンは、1980年代にリヴァプールでプレーしていたプロサッカー選手だった。サンダーランドの2トップに悩まされたユナイテッドにとって、コーヘンとケヴィン・デイヴィスの2トップも大きな脅威になるだろう。

(注目の)主審
これは面白くなると思われる。17日、ピッチ上で一番注目を集めるのはマーク・クラッテンバーグ主審だ。彼が笛を吹いた最近の4試合の試合結果は、1分3敗だ。2007年11月、最後にボルトンに敗れた時(0-1)の試合でも彼は笛を吹いていた。

ページ 1 / 2 次へ »