登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/10/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ブラックバーン戦プレビュー

先週のリヴァプール戦で足踏みをしたユナイテッドは、ピッチの内外でもがき苦しんでいるブラックバーンと対戦する。

チーム情報
今シーズンのブラックバーンは失点が多い。バーンリーとのダービーには3-2で勝利したものの、その前後に行われたアーセナル戦とチェルシー戦は、それぞれ2-6、0-5というスコアで大敗している。ただ、ミッドウィークに行われたカーリーングカップのピーターバラ戦には5-2で勝利しており、その結果がチームに若干の希望を与えている。とはいえ、直近の4試合で喫した15失点という数字は、オールド・トラッフォードに乗り込む準備が整っていないことを意味している。一方、ユナイテッドはアンフィールドで喫した敗戦から立ち直りたいと考えている。

監督
ファーガソン監督の友人でもあるサム・アラーダイス監督には、16位に位置するブラックバーンを引き上げるという重要な仕事が残っている。10位のウィガンから18位のハルまでが、勝ち点5差の中にひしめいており、ビッグ・サムがブラックバーンの守備を立て直せるなら、簡単に今の位置よりも上にいけるはずだ。しかし、アラーダイス監督は新型インフルエンザに感染した疑いがあったため、選手たちとこの一週間接触できなかった。先日行われたピーターバラ戦はスタンドからの観戦となっている。

選手情報
新型インフルエンザの影響から、ブラックバーンはDFクリストファー・サンバの出場を制限している。だが、クラブは同選手の状態を毎日チェックしているようだ。また、右サイドバックのパスカル・シンボンダ(ふくらはぎ)と、MFヴィンチェンツォ・グレッラ(太もも)も出場が微妙な状況となっている。対するユナイテッドは、パク・チソン(ひざ)と、スコットランド代表で足首を痛めたダレン・フレッチャーを起用できない。

注目選手
今シーズン、8試合で5ゴールを挙げているデイヴィッド・ダンになるだろう。彼は素晴らしい活躍を見せている。今週は新型インフルエンザの影響で試合を欠場したが、先日のピーターバラで戦列に復帰。後半から出場しており、31日の試合では最も注意すべき選手だと言える。

ページ 1 / 2 次へ »