登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

03 October 2009  Report by Ben Hibbs

ユナイテッド 2-2 サンダーランド

ユナイテッドはサンダーランド戦を終え、4日に行われるチェルシーとリバプールの試合が行われるまでの暫定的なものではあるが、リーグ戦での首位をキープした。
(※写真をクリックしてサンダーランド戦のギャラリーをチェック!)


しかし、ユナイテッドはもっと悪い結果を得ることもありえた。この試合のパフォーマンスは敗れたバーンリー戦以来、最低のものだった。


前半、ダレン・ベントがサンダーランドに先制をもたらしたが、後半にディミタール・ベルバトフの衝撃的なオーバーヘッドでユナイテッドが同点に追いついた。サンダーランドはケンワイン・ジョーンズのゴールで再びリードを得たが、パトリス・エヴラのシュートがサンダーランドDFのアントン・ファーディナンドに当たってロスタイムに試合はタイに戻った。

ユナイテッドはすべてのボールに食らいついたサンダーランド相手に苦戦したと言わざるをえないだろう。ユナイテッドの狙いは、チェルシーとリバプールに対してリードを手にすることだったが、積み上げた勝ち点は3ポイントではなく1ポイントだった。

サンダーランド戦を前に、ユナイテッドのチームとしての層の厚さを強調していたアレックス・ファーガソン監督は、2-1で勝利したヴォルフスブルク戦のスターティングメンバーから7人の選手を代えた。

この試合の先発メンバーに選ばれたのは、ベン・フォスター、ジョニー・エヴァンス、ダレン・フレッチャー、ポール・スコールズ、ナーニ、ディミタール・ベルバトフ、ダニー・ウェルベックで、ウェルベックは今シーズンの全公式戦で2回目の先発出場となった。

試合開始前の天候は雨と晴れが入り混じるもので、グラウンドには風がうずまいていた。ユナイテッドはあまりに緩いペースで試合に入ってしまった。ユナイテッドにとってこの試合が難しいものになるという兆候は開始7分後に訪れた。サンダーランドの前線の2人はユナイテッドにとって脅威だった。そしてジョーンズを起点とした攻撃から生まれたベントのシュートがフォスターの守るゴールを破ったのだ。

序盤、ストーク戦とヴォルフスブルク戦での勝利の大きな要因となったユナイテッドの中盤は、さほど機能していなかった。フラストレーションのたまる最初の15分を終えて、若干の落ち着きを取り戻したユナイテッドは、攻勢を仕掛け始める。ジョン・オシェイのニアへの素晴らしいクロスにウェルベックが飛び込んだが、ここはニアポストでファーディナンドにクリアされる。また、ネマニャ・ヴィディッチも同じように右サイドから素晴らしいクロスを上げたが、これもゴールには繋がらなかった。

ユナイテッドは36分にペナルティキックを与えられてしかるべきだった。ナーニのクロスボールをファーのアンディ・リードが明らかに腕を使って防いだのだ。しかしながら、アラン・ワイリーは笛を吹かず。ユナイテッドが前半で同点に追いつくには、幸運か相手のミスが必要という状況だった。ユナイテッドは明らかにパスの正確さや、テンポ、創造性を欠いていた。

ユナイテッドはハーフタイムに選手を入れ替える。そして、ポール・スコールズに代わって出場したアンデルソンがユナイテッドの中盤に活力や前への推進力を与えたことは言うまでもないだろう。アンデルソンは間違いなく、ユナイテッドの中盤を改善した。そして、後半開始から2分もたたないうちに、ユナイテッドに同点のチャンスが訪れる。ナーニがロングボールを追うと、A・ファーディナンドがミスを犯し、ボールはルーニーへ。しかし、A・ファーディナンドはミスを取り戻すかのように、ルーニーのシュートをブロックした。

チームがファンを奮起させることができるのと同じように、ファンはチームのパフォーマンスに大きな影響を与えることができる。前半にそういった相乗効果は見られなかった。だが、ユナイテッドが後半に見違えるようなパフォーマンスを見せると、その姿勢はスタンドにも浸透した。

ナーニは素早いリスタートからルーニーにクロスを送る。これはクリアされるが、ボールがオシェイのもとに。そして、オシェイが上げた寸分違わぬ完璧なクロスを、ベルバトフはアクロバティックなボレーシュートで合わせ、ボールをゴールに突き刺した。このゴールがサポーターとユナイテッドのパフォーマンスを大いに活気付けた。アンデルソンの投入が試合の展開を大きく変えた。アンデルソンの熱意と素晴らしい走力がチームに勢いをもたらしたのだ。

アンデルソンはウェルベックとの巧みなワンツーからフィル・バーズリーと肩と肩で競りながらゴールに近づいたが、ワイリー主審の決定はまたもサンダーランドに有利なものだった。この判定はファーガソン監督とすでに緊張状態にあった観衆を激怒させる。

そして、サンダーランドは58分にユナイテッドを出し抜き勝ち越しゴールを奪う。後半から好パフォーマンスを見せたマルブランクが攻撃を構築し、浮き球のパスを空中戦に強いジョーンズがヘディングで競った。このクロスにフォスターが飛び込むも、ジョーンズのフィジカルに負けてしまう。

1点を追うユナイテッドはすぐさま反撃に出る。63分にウェルベック、65分にはルーニーがそれぞれ同点ゴールのチャンスを迎え、さらにその4分後にはマイケル・ターナーにクリアされるが、猛攻から右サイドのナーニが素晴らしいクロスを上げた。その後、攻撃に変化を付けるべく、ウェルベックとフレッチャーに代えてアントニオ・バレンシアとマイケル・カリックを投入した。

ページ 1 / 2 次へ »