登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/10/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

復帰した2選手をジョイスが称賛

リザーブチームの監督を務めるウォーレン・ジョイスは、ラファエウ・ダ・シウヴァとガブリエル・オベルタンの両選手を絶賛した。負傷していた2選手は、ともにシーズン初めてとなる試合で素晴らしいプレーを披露した。

両選手は3-0で勝利した12日のマンチェスター・シニア・カップのオールドハムとの一戦で45分間プレーした。ジョイスは両選手の負傷の再発を避けるため、慎重に彼らを起用したことを明かしている。

「2選手ともに負傷は癒えていた。45分間プレーしたのは予定通りだ」とジョイスはMUTVに話した。「ラファエウに関してはコンディションを上げるのに苦労していた。それでも持ち前の陽気な性格で乗り越えたんだ。試合でのプレーを見る限り、コンディションは上がっているようだね」

だが、多くの人の興味はユナイテッドでの初めてのプレーとなったフランスのウインガー、オベルタンのプレーに向いていた。

「オベルタンはボールタッチが柔らかく、幾つかのプレーは素晴らしいものだった。コンディションも上々だったね」と、ジョイスは語った。「これは理学療法士のジョン・デーヴィンの腕によるところが大きい。彼にトリックを見せられた気分だよ!」

「創造性溢れるプレーを見せていたし、ボールもよく受けていた。ボールを持っていない時のプレーも良かった。本人も喜んでいることだろう」

ページ 1 / 2 次へ »