登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「いつもなら、僕たちは少なくとも5つや6つのチャンスを作るけど、今日は1つしか作れなかった。リヴァプールに勝つのに十分な数ではないよね」
―パトリス・エヴラ
26/10/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

エヴラ「勝利に値しなかった」

最大のライバルであるリヴァプールとの一戦で見せた期待外れのパフォーマンスと結果に、ユナイテッドの選手たちが失望していると、パトリス・エヴラは語った。

アンフィールドでMUTVのインタビューに応じたエヴラは明らかにいら立っている様子だった。エヴラ自身とディミタール・ベルバトフにイエローカードを出し、ネマニャ・ヴィディッチを退場させたアンドレ・マリナー主審に対してよりも、むしろ自分たちのプレーにいら立ちを感じているようだ。

「自分たちのサッカーをするようアドバイスされていたけど、それができなかった。なぜかはわからないけどね。リヴァプールが攻撃的にプレーしたけど、僕たちはできなかった。それで負けてしまったんだからいらいらするよ」とエヴラは話した。

エヴラはアウェーでの激しい雰囲気が敗戦の原因になった可能性を否定している。「僕はアンフィールドでのプレーをいつも楽しんでいる。恐れてなんていないよ」

だが、審判については納得できなかったようだ。「僕はオーウェンを倒したカラガーがどうしてイエローカードで済んだのか理解できないよ。最後尾の選手だったはずだ」。カラガーがファールを犯したポイントはゴールの間近だった。

「僕は相手ではなく、自分たちのプレーのことを考える。そして、今日のパフォーマンスはひどいものだった。いつもなら少なくとも5、6回は決定機を作り出すけど、今日の決定機はバレンシアのシュートがバーを叩いたあの1回だけだった。リヴァプールに勝つのに十分な数ではないよね」

「ユナイテッドの選手にとってリヴァプールに敗れることは最も耐え難いことなんだ。試合後のロッカールームは沈黙に包まれていたよ。この大きな失望から立ち直るためには2、3日が必要だろう。スタッフやファンのためにもね。僕たちは昨シーズンと同じようにしなければならない。リヴァプールに敗れて、リーグ優勝を果たした時と同じことをね。オールド・トラッフォードで真のユナ

ページ 1 / 2 次へ »