登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/10/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

エドウィンの復帰が鍵

アレックス・ファーガソン監督はエドウィン・ファン・デル・サールの復帰が守備陣の安定につながると確信している。

ユナイテッドは、今シーズンのプレミアリーグでは、開幕戦のバーミンガム戦以来、オールド・トラッフォードで無失点試合ができていない。しかし、監督はもうじき守備に安定感が戻ると確信している。

「私はファン・デル・サールの復帰が、守備の安定につながる鍵だと思っている」と、ファーガソン監督は話した。「彼は39歳だが、素晴らしいGKだ。コンディションも良いし、プレーすることへのモチベーションも衰えていない」

「ファン・デル・サールの復帰がチームにもたらすものは大きいよ。守備が安定するだろうね」

31日のブラックバーン戦で、ファン・デル・サールは通常とは違うメンバーと守備陣を形成することになるはずだ。ファーガソン監督は、すでにリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチの両者が共にふくらはぎの負傷でプレーしないことを示唆している。また、ガリー・ネヴィルはバーンズリー戦での退場により、出場できない。

ブラックバーンは今シーズン、アウェーでの試合で4敗を喫しているが、ファーガソン監督はそのデータを鵜呑みにはしていない。

ページ 1 / 2 次へ »