登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/10/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

勝利に安堵する監督

アレックス・ファーガソン監督は終盤のボルトンの猛攻を凌いで勝利し、その結果プレミアリーグで首位に浮上したことに安堵した。

ザット・ナイトのオウンゴールで早々に先制したユナイテッドは、アントニオ・バレンシアのファインゴールで追加点を挙げた。しかし、マシュー・テイラーの終盤でのゴールにより、ユナイテッドはボルトンの攻勢にさらされ、苦戦を強いられた。

「自ら試合を難しくしてしまった。我々はもっと上手くゴール前でプレーすべきだった」と、ファーガソン監督はMUTVに話した。「ボルトンが試合終了の10分前にゴールを決めたことで、その後は神経質な展開を強いられた。確かに動揺したが、何とか切り抜け正当な結果を得られた」

「試合の大半で我々は良いプレーを見せていた。スピーディーに試合を運べていたし、ペースが落ちることもなかった。ボルトンに相当の脅威を与えられていたよ。あわよくば、立ち上がりのチャンスをもう一つ決められていれば、さらに良かったね」

「我々は前半で勝負を決めなければならなかった。それ程、素晴らしいプレーを披露していたからね。ただ、後半は幾分リラックスしてしまった。試合を決定付ける必要があったが、それができなかったんだ。このような展開になると、時々後悔する結果に終わることがある。しかし、我々は何とか切り抜けた。他の試合の結果を見れば、今日の勝利が我々にとって大きかったのは明白だよ」

ページ 1 / 2 次へ »