登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/10/2009  Report by Ben Hibbs

監督「集中力を欠いていた」

アレックス・ファーガソン監督は、悪いパフォーマンスだったが勝ち点をとれたことを救いとしながらも、アタッキングサードでの攻撃のバリエーションの少なさに失望した。

パトリス・エヴラが92分に放ったシュートがアントン・ファーディナンドに当たって同点に追いついた。試合終了後にファーガソン監督がサンダーランド戦を振り返っている。

「ひどいプレー内容だったが、なんとか引き分けることができた」とファーガソン監督はMUTVに語った。「試合を通して、プレスが機能していなかった。後半にアンデルソンを投入したが、効果的ではなかった。前半同様にボールが繋がらなかった」

ユナイテッドは前半7分にダレン・ベントにゴールを奪われ、サンダーランドにリードを許したが、アンデルソンを投入した後半開始直後に、ディミタール・ベルバトフのゴールで同点に追いついた。

「素晴らしいゴールだった。あのゴールで本来の姿に戻り、勝ち越しゴールも決められと思ったよ。チームに勢いはあったからね。しかし、2点目を失った。ひどい試合をしている時は何かが起こるものだ」

エヴラのロスタイム弾は大きな救いとなった。

「攻撃にわずかな運が付け加えられた。それがパトリスの素晴らしいゴールに結びついたね。敗戦も有り得たが、土壇場で驚きの結果が待ち受けていたんだ。ホームの試合は勝たなければならない。もちろんこの結果は期待はずれだ。我々はこの試合で多くのチャンスを作り出すことはできなかったし、集中を欠いていたと言わざるをえない。時々このようなことが見受けられるし、楽しくプレーすることができない時もある。しかし、それでも我々は勝ち点を得ることができるのだ」

※あなたが選ぶサンダーランド戦のMVPは? 投票はこちら
※あなたが選ぶ9月の月間MVPは? 投票はこちら

【関連記事】
ユナイテッド2-2サンダーランド 詳細リポート

【注目記事】
オーウェンの直筆ユニが当たる!