登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/12/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「トッテナム戦は若手主体だ」

先週、ユナイテッドはチャンピオンズリーグのベジクタシュ戦をオールド・トラッフォードで戦い、0-1で敗れた。この敗戦を受けて、ベジクタシュ戦に出場した若手選手が多くの批判にさらされている。しかし、アレックス・ファーガソン監督は、そんな外野の声に耳を傾ける様子を全く見せず、12月1日に行われるカーリングカップのトッテナム戦でも、若い選手主体で臨む意向を示している。

ベジクタシュ戦では、ダニー・ウェルベック(18)、フェデリコ・マケーダ(18)、ラファエウ(19)、ガブリエル・オベルタン(20)、アンデルソン(21)、ダロン・ギブソン(22)と、22歳以下の選手が6人起用された。

「トッテナム戦でも、ベジクタシュ戦のメンバー主体で臨もうと思っている」と、ファーガソン監督は語った。「彼らは素晴らしい才能を持った選手たちなんだ」

イングランドの新聞は、ベジクタシュ戦のユナイテッドについて批判的な記事を掲載していた。ファーガソン監督は、そのうちの1つの記事について以下のように発言し、その内容を批判した。

「あるジャーナリストが、『ベジクタシュ戦に出場した選手たちに未来はない』と書いていた」と、ファーガソン監督は不満の表情を浮かべながら語った。「なんと愚かな主張だろう。信じられないね。ベッカムやバット、スコールズなどを輩出した1996年のユナイテッドを思い出して欲しい。当時の彼らでさえ22歳だった。それを考えると素晴らしいことだろう?」

ページ 1 / 3 次へ »