登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チャンピオンズリーグ制覇はみんなの夢なんだ。ユナイテッドのようなクラブに移籍して、最高レベルの環境で競い合っているんだ。とても刺激的だよ」

― マイケル・オーウェン
05/03/2010  Report by Gemma Thompson & Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

決勝進出を夢見るオーウェン

レアル・マドリーの本拠地である、サンティアゴ・ベルナベウで1年間プレーした経験を持っているマイケル・オーウェンは、来年の5月、再びその舞台に立つことを夢見ている。

ユナイテッドは、3日にオールド・トラッフォードでチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦に臨む。この試合に勝利すれば、ユナイテッドは決勝トーナメント進出が決定する。

ウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフは出場が微妙な状況であることから、CSKAモスクワ戦では、オーウェンの先発出場が有力視されている。

これまでオーウェンは、主に途中出場からのプレーでチャンピオンズリーグ優勝を目標に掲げるユナイテッドに貢献してきた。オーウェンは、5月にサンティアゴ・ベルナベウで行われる決勝戦に、3年連続で進出しようと戦っているチームメートの手助けをしたいと考えている。

「チャンピオンズリーグ制覇はみんなの夢なんだ。ユナイテッドのようなクラブに移籍して、最高レベルの環境で競い合っている。とても刺激的だよ」と、オーウェンは試合前の会見で語った。

「チャンピオンズリーグのタイトルを狙えるクラブであることは、僕にとって移籍を決断する上で重要な要素の1つだった。チャンピオンズリーグでプレーすることは、サッカー選手の夢なんだよ」

「チャンピオンズリーグを勝ち抜くことは非常に難しい。でも、それは僕たちの目標なんだ。チームの一員であることが嬉しいよ」

ユナイテッドに移籍してから4ヶ月が経過し、オーウェンは完全にチームの一員になったと感じている。そして、これまでの状況に満足しているようだ。

ページ 1 / 2 次へ »