登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「相手ゴール前での僕たちのプレーはミスが多く、得点の可能性を逃してしまったね」
― ガリー・ネヴィル
27/11/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ネヴィル「ミスが多かった」

ガリー・ネヴィルは、25日に行われたチャンピオンズリーグのベジクタシュ戦が、勝利に値しない内容だったと語った。

ロドリゴ・テージョのゴールにより、ユナイテッドは0-1でベジクタシュに敗れた。ただ、ネヴィルはテージョのゴールよりも、相手ゴール前でのプレー精度を欠いたことが、ユナイテッドの敗戦に繋がったと考えている。

「ユナイテッドはチャンスを得点に変えることができなかった。相手GKは素晴らしいセーブを見せていたけど、僕たちの判断の遅さも目立った。ラストパスの精度も、クロスの質も低かった。相手ゴール前での僕たちのプレーはミスが多く、得点チャンスを逃してしまったね」と、ネヴィルはMUTVに語った。

「オールド・トラッフォードでの試合はいつも、終了間際にはゴールを奪えるっていう自信があるんだ。でも、その通りにはならなかった」

「前半のマケーダとウェルベックのコンビネーションは素晴らしかったよ。そこから多くのチャンスを作らなければいけなかった。ただ、ゴールを挙げるためには不十分だったね」

これまで、出場停止処分により国内での公式戦3試合を欠場していたネヴィルは、ベジクタシュ戦の敗戦を忘れ、これからの試合に集中することが重要だと語った。

「いくつかの重要な試合が今後やって来る。僕たちは前に進んでいかなければいけないんだ」

「ベジクタシュ戦で90分間プレーしたことは、僕にとって重要なことだった。出場停止期間が過ぎて、久し振りに実戦に復帰したけれど、悪くないプレーを見せることができたと思う。ただ、チームに戻ってきた試合を勝利で飾りたかったよ」

ページ 1 / 2 次へ »