登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/11/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

負傷者の回復具合は?

アレックス・ファーガソン監督は、21日のエヴァートン戦を前に、ユナイテッドのメディカルスタッフには「負傷者を回復させる多少の時間が与えられている」と語った。

ガリー・ネヴィルは出場停止のため、引き続き起用できない。さらにリオ・ファーディナンドは背中を痛めており、ファビオはそ径部を痛めているため欠場となる。また、ジョニー・エヴァンスとジョン・オシェイの両選手もコンディションが芳しくないとのことで、出場が微妙な状況だ。

「インターナショナルマッチウィークで試合がなかったおかげで、数人の負傷者が戻ってこられた。だが、新たな負傷者が出てしまい、今も状況は悪いと言わざるをえない」と、監督は語った。

「エヴァンスを起用するのは難しいかもしれない。オシェイも昨日帰ってきたばかりだ。それに代表戦で太ももを痛めてしまった。だから21日の試合で彼を起用できるとは思えない。頼みはエヴァンスを起用することだが、あまり期待はできない。いずれにしても今日(20日)の練習に合流できることを願っているよ」

その一方で、ネマニャ・ヴィディッチが復帰することにより、ユナイテッドの守備は安定感を得られるはずだ。ヴィディッチはミッドウィークに行われた代表戦に出場している。

「ポジティブな要素として、ヴィディッチが韓国戦で70分間プレーできたことが挙げられる。これは我々にとって良い知らせだよ」と、監督は話した。「彼がエヴァートン戦でプレーすることは間違いない」

ページ 1 / 2 次へ »