登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/11/2009  Report by Matt Nichols

チームの組織力に満足する監督

アレックス・ファーガソン監督は、ポーツマスとの一戦でチームが見せた組織力に満足し、4-1の勝利で、チェルシーと2ポイント差に迫るという結果を喜んでいるようだ。

ベンチ入り禁止処分中のファーガソン監督は、ウェイン・ルーニーのハットトリックとライアン・ギグスのプレミアリーグ100ゴール目で、チェルシーに2ポイント差に迫ったチームをスタンドから見守った。

前半はポーツマスの勢いに苦戦したユナイテッドだったが、後半の怒涛の攻撃で勝利を飾った。ファーガソン監督は、選手たちが3ポイント獲得の後も、浮かれた様子を見せなかったことも非常に喜んでいる。

「アウェイでの4-1という結果は、素晴らしいものだ。非常に喜ばしいよ」と監督はMUTVに語った。「後半、選手たちは組織力の高さを見せてくれた。良くボールを支配して、冷静に勝利に値するプレーをしていたね」

ネマニャ・ヴィディッチが相手のシャツをわずかに引っ張ったとする、不可解な判定で与えられたPKをケヴィン・プリンス・ボアテングに決められたことにより、ユナイテッドの勝利は危うく遠のくところだったが、こうした状況

ページ 1 / 3 次へ » 


冷静な選手たちを称えるファーガソン監督

「後半の選手たちは、組織力の高さを見せてくれた。良くボールを支配して、冷静に勝利に値するプレーをしていたね」


-アレックス・ファーガソン監督