登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/11/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

チームの忍耐力に満足する監督

アレックス・ファーガソン監督は、最終的にエヴァートンに3-0で快勝するに至った選手たちの忍耐力と持続性を称賛した。

ユナイテッドはこの試合でほとんど主導権を譲らなかった。そして、先制点を決めたダレン・フレッチャーがチームの力強さと勤勉性を象徴していた。

「私は嬉しいよ」と、ファーガソン監督はESPNに話した。「統制の取れたパフォーマンスを見せてくれた。特に、先制点を狙っていた前半でチームは多くの忍耐を示してくれたね。幸運にも、良い時間帯に先制点を奪うことができた」

ユナイテッドは後半にヤクブを投入し、力強さを増したエヴァートンのプレッシャーを上手くやり過ごさねばならなかった。しかし、ユナイテッドはその時間帯を耐え抜き、すぐさまマイケル・カリックが2点目を決めた。

「エヴァートンは流れを変える必要があった。そして、ヤクブを投入してより攻撃的になったんだ」と、ファーガソン監督は付け加えた。「中央での力強さと高さは手強かったよ。だけど、我々が2点目を決めたことで、エヴァートンの勢いを削ぐことができたと思う」

ユナイテッドはアーセナルを抜いて2位に返り咲き、チェルシーにプレッシャーを与え続けることに成功した。そして、ファーガソン監督はユナイテッドが新年も優勝へ向けて勝利を積み重ね、タイトルを掲げる姿を見たいと考えている。

ページ 1 / 2 次へ »